IMG_3374

【旅の情報】みんなの笑顔が素敵な国、カンボジア

LINEで送る
Pocket

 

カンボジアといえばアンコールワット!

今回の東南アジアでの一番行きたかった場所。

オーストラリアのストロベリーファームで出会ったたくさんのカンボジア人はみんなニコニコしててほんわかした人たちばかり。

実際カンボジアに行くとみんな笑顔がとっても素敵であったかい人たちばかりでした!

プノンペンは1日しかいなかったのでほとんど情報がないのでシェムリアップの情報を中心に書きます。

 

IMG_2703 IMG_2676

 

 

★ビザについて

カンボジアは$25で30日滞在できるVISAが取得できます。

私たちはベトナムからバスで入りましたが、ベトナムから出ているほとんどのバス会社は当日バスに乗るだけでVISAの手続きすべてやってくれます!

 

 

★両替

通貨はリエルですが、USDが主流です。

USDで払って小さい単位のお釣りがリエルで来るのでわざわざリエルに前もって両替する必要はありません。

リエルを使う時は$1以下の小銭の場合がほとんどです。

1000リエルで25セントで計算され、4000リエルで$1です。

かなりの田舎ではリエルしか使えないそうですが、ほぼUSDでOKです!

 

 

★ベトナムから陸路で入国

ベトナムから入る場合はバスでカンボジアに入るのが断トツ安い。

ホーチミンからカンボジアの首都プノンペン行きのバス会社がたくさんあります。

どこも$10前後で約6時間のバス旅です。

私たちが使った会社はKUMHOというバス会社。

バスに乗るとパスポートとビザ代$25をバスの添乗員に渡し、2時間程で国境へ。

出国・入国手続きはその添乗員さんがやってくれるのでラクラク♪

なんなく国境を通り無事プノンペン到着です。

バスのシートは飛行機のエコノミーより快適です。笑

 

 

★交通

IMG_0809バスを降りるとトゥクトゥクのドライバーが待ち伏せしています。

トゥクトゥクとはバイクの後ろに4人乗りの乗り物をつけたタクシーで、車のタクシーよりもカンボジアでは多く乗られています。

外の風も感じることができるので快適でした。

カンボジアの道路はちゃんと舗装されてない所だらけなので砂埃が結構ありますが。。。

ここでもドライバーとの値段交渉は必須です。

私たちはカンボジアに友達がいたのでその人の紹介でトゥクトゥクでプノンペン1日観光を$20でしました。

 

 

IMG_0818★アンコールワットへの行き方(シェムリアップ)

たくさんのバス会社がプノンペンから出ています。

7時間前後かかりますが$10で行けます。

私たちが使ったバス会社は、プノンペンでお世話になったトゥクトゥクのドライバーさんの紹介。3列シートで広々でした。

飛行機で行く場合はアンコールエアというLCCを使えば片道$130くらい。

往復はもう少し安かったと思います。

 

 

 

泊まった宿

シェムリアップ
Green house guest house
ダブル $10
ホットシャワー・WIFI・ファン
バスを降りたら待ち構えていたトゥクトゥクの人に宿を決めてないと言うと連れて来られたのがここ。

スタッフの態度が悪く、ネットで見たら$8なのに何故$10?と思い聞いて見るとネット予約の人は$8で飛び込みの人は$10だって。

そんなの今まで聞いたことなーい!

部屋が1階だったせいか、暗くどよーんとしていました。

オススメしません。

 

シェムリアップ
Popular guest house
ツイン $8
ホットシャワー・WIFI・ファン
スタッフがみんな親切だし、部屋も綺麗でいい宿でした。

ただ、カンボジアは毎日暑く、ムシムシしていたので扇風機だとちょっときつかったです。笑

この宿はガイドブックにも乗っている様な人気の宿なのでハイシーズンは予約必須です!

※水シャワーツインorダブル $6・A/Cルームツインorダブル $14

IMG_0834 IMG_0835

 

 

私たちが行った6月は雨季の為閑散期。

毎日午後になると15分~1時間まとまった雨が降ります。

それでもそれなりに観光客はいました。

繁忙期は11・12月だそうです。

 

 

★おすすめレストラン

IMG_0841ーKHMER KICHENー

おいしそうなスープがたくさん!!

どのスープも大体$4で量も多めなので2人でシェアしてもいいかも。

 

 

 

IMG_1276ーSOUP DRAGONー

最終日にはちょっとリッチにSOUP DRAGONへ。

カンボジア鍋を食べました。ちょっと高めの$12。

さっぱりしてておいしかった〜♪

 

 

IMG_1251地元の食堂はパブ通りより少し川方面に歩いて右の道を入ると4件ほど並んであります。

ここの客引きがすごい!みんなお店の外に出て大きな声でお客さんを呼んでいます。

メニュー・値段は大体同じで味もほぼ同じです。笑

シェムリアップはレストランがたくさんあって選ぶのに困るくらい。

ただシェムリアップは観光地のためご飯代を安く済ませるのが難しいです。

地元の食堂ももちろん観光客価格。

食堂だと1人$1.5~$3くらい。

レストランだと1人$4~でレストランだと飲み物も少し高め。

東南アジアはどの国もなんだか似たような味がします。

油っぽいものは2人揃って最近胃もたれするのでさっぱりとスープ系を選んだりしてます。

油が多分いい油じゃないんだと思います。

そろそろ日本食が食べたいな〜。

 

★おすすめカフェ

IMG_1253ーLa Boulangerie cafeー

カフェやレストランには大体WIFIが使えます。

速度も宿に比べたら断然早いです。

私たちは3日連続にお世話になりました。

ここはクーラーが効いていて、店員さんの感じもとってもいいです!

 

 

 

★シェムリアップで遺跡巡り

IMG_3374

遺跡巡りはトゥクトゥクで行きました。

人数にもよりますが、1人ならバイクタクシー、2〜4人ならトゥクトゥク、それ以上ならツアーなどで車をチャーターした方が割り勘できるので安いかと思います。

トゥクトゥクドライバーはたくさんいるのでいいドライバー選びが至難の技。

3桁くらいの数字が背中に書かれたベージュのベストを着た人がいいとの情報を得たので、プノンペンからのバス降り場で出会ったベストを来たドライバー、SUNに私たちの専属ドライバーになってもらうことに。

彼はほんわかした笑顔が可愛くてまんまる顏のとてもいいドライバーさんでした。

シェリムアップはアンコールワットがもちろん有名ですがそれだけではありません。

他にもたくさんの遺跡があって1日じゃとても回りきれません。

遺跡巡りにはチケットの購入が必要になり、種類は1日券($20)・3日券($40)・7日券($70)の3種類。

私たちは3日券を買うことに。

カンボジアはかなり暑く、遺跡の石の照り返しもあり半日で力尽きそうになります。

初日で早くも夏バテ気味に。

体力的にも1日置きで見ることをオススメします。

ぶっ通しだと次の日の遺跡巡りが朝からバテバテです。。。

 

IMG_3881

この遺跡巡りのチケットで行けない場所がベンメリア。

ベンメリアは郊外にあり、トゥクトゥクで2時間弱かかりますが、天空の城ラピュタのモデルにもなっている場所なので行ってみる価値ありです!(入場料$5)

 

★私たちの遺跡巡りプラン

ー1日目

IMG_3270IMG_2851

【トゥクトゥク $12】

アンコールトム

アンコールワット

プノンバケン

 

ー2日目

IMG_4177IMG_3788

 

【トゥクトゥク $15】

バンテアイ クディ

タ・プローム

プラサット クラヴァン

プレ ループ

ブリア カン

ニャック ポアン

 

ー3日目お休み

 

ー4日目

IMG_3990IMG_4057

【トゥクトゥク $47】

ベンメリア

バンテアイ スレイ

クバール スピアン

またまたアンコールトム(バイヨン)

 

昔の人が手でこんなにたくさんの遺跡を作ったと思うとホントにすごい!の一言です。

しかもほとんどが住むために作ったのではなく神を祀るために作ったんだとか。

死ぬまでに見ておきたい場所のひとつです♪

 

LINEで送る
Pocket