IMG_7889

オーストラリア大陸縦断。4,750㎞ドライブの旅。完結編

LINEで送る
Pocket

 

圧倒的な存在感とパワー。ひっくり返りそうなほど壮大な景色。

ウルルはこの旅のフィナーレに相応しい場所だった。

しかし、僕らの旅はオーストラリア大陸縦断。

そう。まだ半分残ってるんだ。

 

ウルルを目一杯満喫した僕らがの次に訪れたのは、無数の巨岩がにょきにょきと寄り添うようにたたずむ、

風の谷「カタジュタ」 

AU縦断後編01

ここもウルルと同じくアボリジニが聖地と崇める場所だが、日本人の僕らにも馴染みの深い場所。

それは「風の谷のナウシカ」のモデルになったとされている場所だからだ。(あくまで噂。)

その名の通り「風の谷」と呼ばれる場所があると聞き、その場所を目指してしばしトレッキング。

AU縦断後編02

まるで火星にでもいるような、赤茶の岩がゴロゴロと転がる乾いた道を進むと、、、。

見えて来たのはまさしく「風の谷」!

AU縦断後編03

2枚の巨大な岩に挟まれたこの谷の間には、強い風が常に吹いていて、今にもナウシカとユパ様の会話が聞こえてきそう。

カタジュタを後にし、最終目的地のダーウィンを目指して出発する。

ウルルがどんどん小さくなっていく。なんだろうこの寂しさ、、、。

AU縦断後編04

そしてまたこの景色に戻ってきた。

道の先に揺らめく蜃気楼をただただひたすら追い続ける。

AU縦断後編05

メルボルンを出発してから10日が経ち、テント生活も馴れたもの。

AU縦断後編06

変化の無い景色の中を一日中走り続けると、毎日最高のご褒美が待っている。

一つ目がこの夕日。

AU縦断後編07

大地を赤く染める綺麗な夕日が、一日の疲れを癒してくれる。

AU縦断後編08

二つ目がYUMIKOのご飯!

AU縦断後編09

弟に「今まで食べた親子丼で一番美味い!」と言わしめるほどの腕で、限られた食材で作るボリューム満点の日本食は最高でした。

そして最後がこれ。

テントに寝そべりながら見る満点の星空。

AU縦断後編10

流れ星を数えながら眠りにつく。なんて贅沢な時間だったんだろう。

 

ウルルから北へ870km。

ハイウェイ沿いに突如現れた奇妙な風景。

AU縦断後編11

デビルズマーブル」だ。

こんな丸い岩がそこら中にゴロゴロとある不思議な場所。

AU縦断後編12

まるで巨人が丸く削った岩で遊んだ後かのように、丸い岩が岩の上に絶妙なバランスで置かれている。 

AU縦断後編13

この不思議な岩の歴史は約1億7千万年前にまでさかのぼり、数百年かけて地質の変化や雨風の浸食によってこの形になったそう。

AU縦断後編14

AU縦断後編15

アボリジニの人々はこの岩立を「虹色の大蛇の卵」と信じているそうだ。

AU縦断後編16 AU縦断後編17

そんなデビルズマーブル。不思議な丸岩の他にも、、、

剣豪体験や、、、

AU縦断後編19

ライオンキング体験もできます。

AU縦断後編18

 

デビルズマーブルを過ぎたあたりから徐々に緑が増えて来た。海に近づいて来ている。

AU縦断後編20

アウトドアが盛んなオーストラリアは、キャラバンパークというキャンプ場がどこに行ってもある。

ホテルやモーテルなんかが無い小さな小さな村でも、キャラバンパークは必ずあるというくらいどこにでもある。

モーテルなんかより安いので、もちろん僕らも毎回キャラバンパークに泊まっている。

宿泊料を払い、敷地内にテントを建てて電気、キッチン、シャワーを使わせてもらえる。

そんなキャラバンパークの一泊の値段が平均$30(約¥3,000)!

もちろん土地やクオリティーで違いはあるけど、どんなに安くても$25、、、。

寝るのは自分たちで持参したテント。電気、キッチン、シャワーを使わせて頂くだけで$30です。

東京の物価だってオーストラリアと似たようなもんなのでお互い様かもしれないけど、ハイウェイ沿いにポツンとある周りが僻地のキャラバンパークだってご多分に漏れずお値段はほとんど変わらない、、、。人数が増えれば一人につきプラス料金とられるし。

もう物価が高過ぎて泣きたくなる。

車持ってるなら車泊しちゃえばいいじゃん!って言いますが、そこはどこまでも貧乏バックパッカーに厳しいオーストラリア。車泊して警察に見つかるとがっぽり罰金とられるみたいです。(さすがに宿泊費がかさみすぎるんで何度かしたことはあるけど、、、。)

ただ、僕らのような貧乏バックパッカー泣かせの高物価国ですが、その反面働けば給料もすごくいいのでおあいこかな。

 

キャラバンパークつながりで、オーストラリアの文化で良いなぁと思う一つを。

オーストラリア人の夫婦は定年退職すると、キャビン(トレーラー)というキャンピングカーの部屋だけ部分のやつを車で引っ張って、ゆっくりとオーストラリアを旅して回る夫婦が本当にたくさんいる。

というより、車で旅しているとキャラバンパークにいる人達のほとんどがそんな老夫婦だ。

なかには旅に出る前に家を売っぱらって、死ぬまで旅するという夫婦もいた。

寒くなったら北へ、暑くなったら南へ。気に入った場所があれば気が済むまでそこでのんびりと過ごす。

同じような夫婦との出会いを繰り返し、夕日を眺めながらワインをのみ、それぞれの人生を語り明かす。

なんて素敵な老後だろう。

そんなオージー達の持っているキャビンが立派で、キッチンやテレビは当たり前。

洗濯機にシャワーや広いロフトの付いてるものまであってすごく快適そうだった。

中にはプロジェクターで映画を観る強者も、、!

AU縦断後編30

僕らはそんな立派ででかいキャビンが並ぶ間に、ホームセンターで買った安いテントをちょこんと建てて寝るのがお決まり。

大きなキャビンを引いた、これまたでかい4WDの車を操りながら旅をするよぼよぼのじいちゃんはやっぱりかっこいい。

そんな老後の過ごし方ができるのも、オーストラリアの広大さとキャラバンパークが充実しているからだろう。

キャラバンパークはチェーン展開してる綺麗なものもあるが、ほとんどが個人経営だ。なのでキャラバンパークごとに主人の個性が出ていて面白かったりする。

話しは旅に戻り、デビルズ・マーブルの後に泊まったこのキャラバンパークもひときわ個性的だった。

IMG_7973

キャンプサイトは全てピンクで統一されていて、名前はその名も「ピンクパンサー」。

受付はバーカウンターで、全身にタトゥーが入ったオーナーらしきファンキーなおばちゃんが、仕事終わりに呑みに来た汚れた作業着の無骨でタフな男たちに酒を振る舞っていた。

敷地内には手作りの動物園があり、オーストラリアに住む数十種類の鳥や、カンガルー、、、

AU縦断後編21

さすがにあれはいないと思っていたが、そのまさか!クロコダイルまで飼ってる、、、

AU縦断後編22

テントサイトの周りにも、飼っているのか何なのか、今まで見たこと無いような鳥が歩いていた。

AU縦断後編23

さて!オーストラリア縦断の旅もいよいよ終盤。

周りの景色も緑が増え、川も流れ出した。

温泉があると聞いてやって来たのは、密林のなかの秘湯!「マタランカ」の天然温泉。

AU縦断後編24

川底まで見えるほど透き通る水。

そう。「水」だ。

AU縦断後編25

 温泉と聞いてやって来たけど、温かくない(笑)

それでもクーラーの無い車で、一日中ドライブし続けるぼくらにとってはオアシスでした!

AU縦断後編26

続いてパイン・クリーク名物のコウモリの行進。

AU縦断後編27

そしてこのどでかい蟻の巣!

AU縦断後編28

デビルズ・マーブルあたりから目にしていたこの蟻の巣。最初に見たのは膝下くらいの大きさだったのが、北に進むにつれどんどん大きくなり、遂には人二人分以上の大きさに。

しかもこんな巨大な蟻の巣が道沿いにゴロゴロある。

お次は大きな滝壺のオアシスでひと泳ぎ。

AU縦断後編29

そんなこんなオーストラリアのスケールのでかい自然を楽しんでいるうちに、最終目的地「ダーウィン」に無事到着!

AU縦断後編31

メルボルンを出発してから13日。

総移動距離4750km。

これにてオーストラリア大陸縦断ミッション完了!

これが今回のルート。


より大きな地図で メルボルンtoダーウィン を表示

AU縦断後編32

当初はなかなかハードな旅になる予想だったが、トラブルも無く予定より3日も早く到着した。

酷暑だと思っていたアウトバックも、昼間は過ごしやすく、夜になると寒いくらいだった。(旅をしたのは8月末)

前もって入念に点検しておいたからか、車の調子も良く、タイヤが一本パンクしただけで済んだ。

景色の変わらない荒野の中を毎日走りっぱなしだと予想していた長距離ドライブも、見所が以外と多くあったため、一日中運転しっぱなしだった日は1日か2日だけだった。 

広大な景色の中、永遠とまっすぐと伸びる道にその先に揺らめく蜃気楼。毎日の夕日と満点の星空。現実離れした壮大な景色が「退屈」なんていう2文字を浮かばせなかった。

地図を眺め、旅の日程を考える。

綺麗な景色を見つけたら車を止めてその景色を気の済むまで眺め、個人の車でないと行くことが難しいデビルズマーブルのように、行きたい場所を見つけたらそこに向かうことができる。

車が壊れたら?事故にあったら?そんなリスクを背負う反面、ツアーじゃできないような自由で貴重な旅をすることができた。

数日後、弟が日本に帰る日もやって来た。

AU縦断後編33

気のせいか、前よりも少しだけたくましくなった気がする。

初海外でオーストラリア縦断。一緒に旅できて楽しかったぞー!

AU縦断後編34

弟を見送った僕らは、路上生活に戻るのでした、、、。     

AU縦断後編35

 

オーストラリア大陸縦断!4,750㎞ドライブの旅!スタート編

オーストラリア大陸縦断!4,750㎞ドライブの旅!ウルル編

LINEで送る
Pocket