Bosporus11

アジアとヨーロッパの狭間。ボスポラス海峡クルーズ

LINEで送る
Pocket

 

カドゥキョイの埠頭を歩いていたときに、たまたま見つけた「ボスポラス海峡クルーズ」の看板。

これまで旅してきた東南アジアとインドから、トルコに来ていっきに物価があがってビビり気味だったぼくら。

クルーズだなんてお高いんでしょう?と思いきや、一人12リラ(約560円)と意外と控えめな値段。

バスまでまだ時間があるし、せっかくなので1時間半のクルーズツアーに行くことにした。

 

ボスポラス海峡は、北は黒海、南はマルマラ海に伸び、ヨーロッパ側とアジア側を隔てる長さ30kmの海峡。

イスタン

このクルーズは、アジアとヨーロッパを繋ぐ二つ目の橋まで行って帰ってくる。

 

定刻通り出発した船は、2階建ての綺麗な船。

程よい人数の乗客は、僕ら以外トルコ人みたいだ。

Bosporus02

 

ヨーロッパ側に見える巨大なモスク!

あそこへ行くのは次回までお預け!

Bosporus01

 

タイタニックのような巨大な客船も港にとまってる。

Bosporus03

 

海峡の両側には、「ドルマバフチェ宮殿」や「ルメリ・ヒサル砦」などといった見所が点在していて、その横を通る度に、トルコ語のアナウンスが流れる。

Bosporus05

Bosporus07

Bosporus06

 

それよりも魅力的だったのが、海峡沿いに広がる街並!

Bosporus04

イスタンブールはトルコ最大の都市といっても、海峡から高層ビルはほとんど見えない。

建物が密集した賑やかな景色は、出航してから十分もすれば緑豊かな景色に変わる。

Bosporus12

濃いエメラルド色の水面と青い空。

その間に赤い屋根の白い建物が、緑の中で肩を寄せ合って並ぶ。

Bosporus09

 

そんな色鮮やかな街並が、船の進むスピードで目の前を流れて行く。

Bosporus10

 

いつまで見ていても飽きない景色だった。

Bosporus11  Bosporus13

Bosporus14

Bosporus15

 

僕らの船の横をゆっくり通り過ぎる船の甲板では、海パン姿のトルコ人がバックギャモンをやっていたり。

Bosporus16

 

おじさん達が釣りをしていたりなんてのどかな風景も。

Bosporus17

 

やがて見えて来た海峡にまたがる大きな橋。

Bosporus18

Bosporus19

 

アジアとヨーロッパを繋ぐこの橋の全長は1,510m。

「ファーティフ・スルタン・メフメト橋」と名前も長い!

Bosporus20

Bosporus21

 

橋をくぐり、引き返す船。

Bosporus22

 

海に浮かぶ「乙女の塔」と呼ばれる灯台が見えてきた。

Bosporus23

”むか〜しむかし、この地の王様の元を訪れた占い師が、「そなたの娘は18歳の誕生日に毒蛇に噛まれて命を落とすだろう」と予言した。

それを信じた王様は、娘を守るためこの塔に閉じ込めて育てた。

そしてやってきた18歳の誕生日。カゴ一杯の果物を持って、愛娘のいる塔へやってきた王様。

しかし、そのカゴの中には毒蛇が隠れていて、娘は予言通り命を落としてしまった。”

なんて悲しい言い伝えのあるこの塔は、今ではレストランになってるとか。

 

こうして大満足のクルーズは終了。

これで12ラリなら何回でも乗りたいくらいだ!

Bosporus24

 

ちょうどいい具合にバスの時間が迫ってきた。

トルコでは、長距離バスの発着所は街の郊外にあり、そこまでミニバスで送ってくれる。

Bosporus25

トルコのバスはすごい!と噂には聞いていたけど、確かにすごい!

バスは新車に近い綺麗さで、座席にはスクリーン付き!

さらに添乗員が必ずいて、チャイもコーヒーも飲み放題だ!

Bosporus26

 

そんな快適なバスに乗り、いっきにトルコの東を目指す! 

 


ボスポラス海峡クルーズ

一時間半 / 12リラ

ヨーロッパ側から出ている会社はアジア側よりも値段が高く、満席になるまで出発しなかったり、言われていた時間よりも短かったりすることがあるみたいです。

僕らが乗った船の名前も会社の名前も覚えてません(笑)が、カドゥキョイの埠頭にあったのは一社だけでした。

一日2、3便(たぶん土日はもっと出てる)で、定刻通り出発し、時間通りに帰ってきました。
平日だったこともあるかもしれませんが乗客も多くなく、席も選びたい放題だったのでオススメです。

 

LINEで送る
Pocket